初心者向けバリ島観光スポット

05PHBG11

インドネシアのバリ島とは

魅惑の神々と出会えるインドネシアにあるバリ島は、スパ三昧やバリ文化が堪能できる観光地です。信心深いヒンズー教徒の島で、映画やドラマでも登場する観光地として有名な場所でもあります。瞑想を行う事も可能で、多様なツアーが揃っています。
ですから心と体を素敵にさせてくれるインドネシアにあるバリ島です。そこへは、格安に行ける方法があります。
LCC航行会社を利用する方法です。いくつかのインドネシアLCCの航空会社がありますので、価格比較を利用すると便利です。

初心者に人気のバリ観光とは

初めてバリを訪れると多様な観光スポットがあります。地域に応じて、目的や観光スポットがありますので、観光ガイドブックや観光サイトを利用すると便利です。
インドネシア・バリ島は、多くの観光客で賑わっています。ですから英語が通じる地域もありますので、個人旅行で訪れる事も可能です。
また現地でツアーを利用すると離れた地域にある寺院や観光スポットに行けます。
特に可愛いサルのいるモンキーフォーレスや古い寺院を見るには、島の古都にあるウブドの地域まで行く必要があり、自然も満載の地域である古都・ウブドです。

魅惑の神々のあるバリ島

バリ島の南部には、タナロット寺院のあるリゾートエリアがあります。夕日の沈む風景が魅力で、パワースポットとして知られる地域です。
また東南アジアのテイストが残る魅惑の南部は、神秘的な観光スポットが残っています。
ですから初めて訪れるバリ島には、地域ごとに寺院や観光スポットが存在します。
その為に目的や観光地域に応じて、どの場所を中心に観光するかを決める事です。特に短期間のバリ島では、観光計画を持つ事も必要になります。

アウトドア観光やリラクゼーション目的かを決めます

アウトドアタイプには、自然と山が楽しめるバリ島の地域があります。
日数と時間をかける事が必要ですが、キンタマーニ高原が適しています。都心から離れた場所にありますが、東南アジアの植物や広大な風景が魅力です。リラクゼーション目的では、リゾート地域にあるホテルではスパが楽しめます。体の疲れをとるマッサージは、高級ホテルで休暇を取るバリでの過し方です。
買い物目的では、ウブドの市場が最適です。これらの観光スポットは、初めてのバリ島で目的に応じて選べます。

インドネシアのLCC利用方法とは

この様に多数の魅惑の観光地や目的に応じて観光地域が異なるインドネシア・バリ島へは、インドネシアのLCC航空会社を利用します。
比較的に物価が安いインドネシアでは、航空券を格安にする事でますますリーズナブルな魅惑の海外旅行が可能です。
一般的にネット予約を行って、安い海外航空券を購入出来ます。またインドネシアのLCC航空会社には、事前のキャンペーンで更に格安に航空券が購入出来ます。
これは事前予約が必要ですが、破格の旅行費用が手に出来ます。

インドネシアの格安航空会社一覧

インドネシアに行くならインドネシアのLCCで

世界遺産にも登録されている遺跡や寺院などが知られるジョグジャカルタ。
美しい豊かにある、緑あふれる心癒されるリゾート、ウブド。バリ州の州都であり、デンパサールでは大型の総合市場が集結しています。
歴史にも文化にも触れつつ、自然と触れ合いながらショッピングも楽しめる、インドネシアは絶好の旅行先です。
せっかくの旅行だからできるだけ移動費用抑えてほかのことにお金を回したいなら、LCCの利用が良いでしょう。

大手LCC航空会社といえば、ライオンエア

インドネシアの大手LCC航空会社といえば、ライオンエアです。
近年ではマレーシアにマリンドエア、さらにタイにタイライオンエアといったように、東南アジア各地に進出して拡大をはかっています。
価格の安さで知られるLCCではありますが、通常有料でお金がとられるところである手荷物の持ち込みは20kgまで無料、さらに水やスナックのサービスがあるといったように、LCCにしては非常にサービスの期待できるお得感の高い航空会社です。

親切丁寧な対応が期待できるシティリンク

シティリンクはキャビンアテンダントの親切丁寧なサービスが期待できる航空会社です。さらに飛行機に乗る前でのサービスの良さも知られています。
足止めされやすい空港での税関でも長蛇の列に並ばずにすんなり乗れるので高い満足度を誇ります。また、広い対応範囲も魅力です。
目的地は20の都市にもおよび、便数も多く、毎日22もの国際線便の運航サービスを行っています。その分飛行機に乗る時間を選べるので、自分の都合に合わせて予定が組めます。

スムーズに旅を開始したいならエアアジア

エアアジアもシティリンク同様、スムーズな搭乗がメリットです。チェックインカンターも特に混雑することなく、荷物の預け入れも非常にスムーズです。
WEBチェックインをしていればさらにすんなり通れますが、たとえWEBチェックインをしていなくても、予約番号の載っているメールを印刷しておけば、すぐに処理してもらえるので便利です。やはりLCCなので、プランを追加しないと食料は出てきませんが、加算プランもあるので、ちょっとした贅沢も楽しめます。

インドネシアを楽しむなら移動費を抑えて

インドネシアはビーチでのんびりするのも観光で活発に動くのもぴったりのたくさんの魅力あふれる国です。
4月から10月の間は乾季に分類され、この時期になると湿度も低く非常に過ごしやすくなるので、旅行にぴったりです。
単発の観光、ロングステイ目的でも人気で、リピーターも多いです。リピートするなら移動費が安いに越したことはありません。
そのインドネシアをできるだけ楽しむためにも、挙げてきた格安航空会社の中から自分にぴったりのものを見つけていきましょう。

バリ行き航空券LCCが安い時期

インドネシアのLCC

バリ行き航空券LLC安い時期は、11月中旬から12月中旬までが安い時期となります。
バリ島のベストは7月から8月と、年末年始は人気のある時期なので料金が高く設定されます。
航空券だけでなく、ホテルの宿泊費も一泊当たり20ドルから30ドル程度、普段より高めに設定されます。
10月以降になると雨季に入るので、航空券が安くなります。せっかく行くなら気候が良くて安い時期がいい方は、4月上旬と5月の連休明けがお勧めです。

バリは雨季でも楽しめます

LLCの格安航空券をさらにお得な時期の雨季にとっても大丈夫です。バリは雨季でも楽しむことができます。
雨でも楽しめるアクティビティの代表が、ラフティングです。もともと濡れるアクティビティですので、天気なんて関係ありません。雨でさらにエキサイティングになるのでバリ上級者にお勧めです。濡れたくない方には潜水艦ツアーがお勧めです。
ライセンス不要で5歳から70歳まで老若男女問わず海底探検を楽しむことができます。

バロダンスを楽しもう

雨でも大丈夫なオプションで欠かせないのが、バロンダンスの鑑賞です。屋根つきの会場で鑑賞するので天気は問題ありません。
雨でなくても、バリの観光で人気のバロダンスを楽しみましょう。

ゴアガジャ遺跡を楽しむ

ゴアガジャ遺跡の「ゴア」はインドネシア語で洞窟、「ガジャ」は象という意味があります。ゴアガジャ遺跡は言葉の通り、象の洞窟がある場所としてバリ観光では人気のスポットです。南部リゾートから車で1時間半程度のウブドへ行く途中にあります。
洞窟観光なので雨でも十分に楽しむことができます。洞窟の歴史はかなり古く、11世紀ペジェン王朝時代の古代遺跡です。
ヒンドゥー教の僧侶たちが瞑想をする場として作られたと言われています。エキゾチックな洞窟を体験してみましょう。

浮いたお金で癒されよう

LLCの利用で、浮いたお金で癒されるのもお勧めです。バリはスパやエステが充実しており、とくに女性に人気です。スパやエステが目的でバリに行く方は、特にLLCの格安時期がお勧めです。カップルでも利用できるので、男性も安心して楽しむことができます。
日常生活を忘れて、気持ちいいマッサージで癒されましょう。ロングタイムマッサージなどもあるので、非常にゆっくりすることができます。バリ特有の、トリートメントの香りを楽しむこともできます。

インドネシアLCCのメリット

海外旅行というのは国内旅行に比べると費用がかかり、準備も大変だということで、なかなか踏み出せないという人も多くいます。
しかし、現代はグローバル化しているといわれており、以前に比べて海外旅行はハードルの高いものではなくなってきました。
旅行代理店も比較的安い金額でツアーを組んでいます。

そのため、初めての海外旅行はツアーという人も多くいるかもしれません。また、最近では従来の航空券よりも安いもので渡航できるようになっています。

海外旅行を身近にする格安航空会社

海外格安航空券と同時に、格安航空会社というのも海外旅行を身近なものにしている要因のひとつです。
格安航空会社というのは、略称でLCCと呼ばれています。
LCCとは、ローコストキャリアの頭文字をとったもので、日本でも徐々に認知度が上がってきています。
ただ日本にLCCが就航するようになったのは、それほど昔ではありません。海外におけるLCCの歴史は長く、初めて登場したのは1960年代のアメリカにおいてです。

レガシーキャリアとローコストキャリア

既存の航空会社をレガシーキャリアと呼びますが、このレガシーキャリアに対抗する形で、コストの削減を徹底することにより、安く提供することで、需要を獲得してきました。格安航空会社は、比較となるレガシーキャリアの時間帯や季節、路線によっても異なりますが、レガシーキャリアの半分くらいの安さで渡航することも可能です。
LCCは、国内においても就航しています。ただ、海外のLCCが就航している数はまだ多いとは言えない状況です。

身近だが異国情緒を味わえるインドネシア

初めていくとしては、距離的にもそこまで離れていないアジア地域を選択する人が多くいます。
時差も少ない割には異国情緒を味わえるとして、インドネシアも人気の旅行先となっています。
世界で最も多い島々を抱える国としても有名です。人口は世界でも第4位の規模を誇っています。
首都はジャカルタですが、周辺の島々も観光で訪れたい見どころが多くあります。

国内における移動に便利なLCC

インドネシアにもLCCがあり、インドネシアのLCCは、インドネシア国内における移動にとても便利です。
LCCの最大のメリットは、なんといっても航空券の安さにあります。
そのため、場所によってはバス、長距離バスなどに乗るような感覚で飛行機での移動が可能です。
使用する空港も大都市周辺の二次的な空港を利用しているため、飛行機を降りたあとの目的地に行くのに時間はかかるかもしれませんが、現地の乗り物や景色を楽しめるので、またひと味違ったインドネシア国内の魅力を発見できるかもしれません。

インドネシアLCCのデメリット

インドネシアのLCCで最も信用されているキャリア

インドネシアへの空輸で、成田、羽田、関西空港からジャカルタやバリまでの直行は、国営ガルーダ・インドネシア航空が便利です。
こちらはインドネシアのLCCとして、格安ながらも機内食や飲料水などの提供が、フルサービスで提供され、さらに機内ビザの手続きがサービスされており、ANAやJALに対する差別化が行われています。同社は国内線においてもサービスが充実しておりインドネシアの航空会社の中では最も遅れにくいキャリアとしてしられています。
その為仕事での利用者も多く、顧客の信頼を得ている航空会社と言えます。

インドネシア最大のLCC

インドネシアで最も多くの利用者されているLCCは「ライオンエア」で、こちらの航空会社は市場の40パーセント以上の利用率があります。
この航空会社は1999年の設立以降、インドネシアの国内旅行向けの市場の拡大とともに、ニーズに合わせたLCCとして発展し、現在ではシンガポール、ホーチミン、ペナン、クアラルンプール、さらにサウジアラビアまでの国際線を運行しており、インドネシア最大のLCCとして認知されています。

インドネシアで最も格安のLCC

格安航空会社として有名なマレーシアのエアアジア。その子会社であるエアアジアインドネシアは、格安のLCCとして多くの人気を集めています。
この航空会社の激安プロモーションには、ジャカルタースラバヤ間が、約5円といったチケットを販売する事もあります。
インドネシアで格安のLCCを考えた場合、まずこの航空会社の価格を調べた上で他の航空会社のサービスを見比べるなど、ある程度の基準として捉えるのも良いでしょう。

日本への就航に力を入れているLCC

国営のムルパティ・ヌサンタラ航空は、日本への就航を目指しているLCCとして注目されており、日本人のパイロット、さらに日本人のキャビンアテンダントを採用することにも、積極的に行っている航空会社です。この航空会社は東側への空論に力を入れており、1966年の設立から実践を積み上げてきた国営の航空会社として、安心して利用できるサービスを提供しています。
インドネシアの東部の地域であるスラウェシ島や、東ティモールへの就航は、特に便利なキャリアです。

インドネシアの国内線専用のLCC

国内線専用のLCCとして人気を集めている「シティリンク」は現在はジャワとスマトラを中心に、22都市への就航を行っています。
2012年にはロゴと乗組員のユニフォームを一新し、サービスの向上を目指しています。なお、ウェブサイトでチケットを予約する際に、エラーが出やすいとの情報もありますが、現在は回復されています。
国内線専用のLCCなので、チケットを予約する場合は予め旅行代理店で手配しておく事をお勧めします。